面白ネタを更新中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

津田大介「僕、思想的には左翼じゃなくてリベラル。死ぬまでそっち側に留まっていたい。世間的には『極左』ってイメージでしょうが」

2019.11.10

津田大介「僕、思想的には左翼じゃなくてリベラル。死ぬまでそっち側に留まっていたい。世間的には『極左』ってイメージでしょうが」 はコメントを受け付けていません。

津田大介「僕、思想的には左翼じゃなくてリベラル。世間的には『極左』ってイメージでしょうが」
1:おでん ★:2019/11/10(日) 15:34:42.05 ID:wT7edj7l9
あいちトリエンナーレ閉幕後「本業に戻ります」 津田大介「思想的には左翼じゃなくてリベラル」の真意


「表現の不自由展・その後」の展示中止が議論を呼んだ「あいちトリエンナーレ2019」。その閉幕後、津田大介さんはツイッターに「本業に戻ります」と記しました。
ジャーナリスト、早稲田大学文学学術院教授など数々の肩書きを持つ津田さんは、何に戻り、これから進んでいくのか。

(中略)


思想的には、左翼じゃなくてリベラルのほうが強い

――思想的な背景という意味だと、ご家族の影響はあるんでしょうか。


津田 父は60年代に学生運動に関わったのを機に、10年ほど社会党議員の私設秘書も務めていました。

(中略)

こういうとみんな笑うと思うんですけど、僕、たぶん思想的にはそんなに左翼ではなくて。多分リベラルのほうが強い。
自由に生きたいと思ってますし、自由競争してみんな稼げばいいじゃん、とも思ってる。若干ネオリベっぽいところもあるんです。
世間的には「極左」ってイメージでしょうが(笑)。

(中略)


――「思想的には、左翼じゃなくてリベラル」についてもう少し詳しく伺いたいのですが、つまり単なるリベラルで経済的にも成功している人の場合、もっとネオリベのほうに行きそうなものです。
何かそれを止める左翼的なものが、やはり津田さんの中にあるんじゃないでしょうか。



津田 そう思います。死ぬまでそっち側に留まっていたいという思いがあるのは、子どもの頃の貧乏経験や家庭環境の影響は間違いなくありますね。

リベラルな考え方をする親を持った時、その子ども世代は何を考えるのかというのは僕にとって大きな関心事で。
インタビューをたくさんする仕事柄、表現の仕事に携わってる人とオフの場で突っ込んだ話をすることも多いんですが、リベラルで政治的な家庭に育った子どもって、親の世代の「理念は正しいんだけど、そのやり方では広がらないよね」という思いを子どもの頃から肌感覚で持っていて、親を冷静に分析している傾向が共通して見られるんですよね。「左翼の子どもあるある」みたいな話題で盛り上がったりする(笑)。

彼らが言っていたことや伝えたかったことのエッセンスは、子ども世代にも残っていると思うんですよ。
だからこそ、たいていは同じ道には行かず、違う生き方――クリエイティブな道を選ぶ。違う道で親の世代のリベンジ戦をやっているのかもしれない。

(以下略)

津田大介 パヨク 屑 共産党


文春オンライン 2019/11/07
https://bunshun.jp/articles/-/15174?page=2
https://bunshun.jp/articles/-/15174?page=3



関連スレ
津田大介の過去 職場で勝手に副社長を名乗り横領、辞める際には残りの給料も寄越せ!訴えるぞとの恫喝が発覚
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1565404806/




引用元スレタイ:【表現の不自由展】津田大介「僕、思想はそんなに左翼ではなくて、リベラルのほうが強い、死ぬまでそっち側にいたい」【反天皇】★3



23:名無しさん@\(^o^)/:2019/11/10(日) 15:38:13.47 ID:exjtek7r0
オマエの言う左翼って連合赤軍とポル・ポト派ぐらいだろ。kz野郎



関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー