面白ネタを更新中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米政府高官と米軍幹部、韓国政府に対してGSOMIA破棄の撤回を求めて140分に渡り叱責 … しかし韓国の“赤化高官”は説得に応じず

2019.11.09

米政府高官と米軍幹部、韓国政府に対してGSOMIA破棄の撤回を求めて140分に渡り叱責 … しかし韓国の“赤化高官”は説得に応じず はコメントを受け付けていません。

米政府高官と米軍幹部、韓国政府に対してGSOMIA破棄の撤回を求めて140分に渡り叱責 … しかし韓国の“赤化高官”は説得に応じず
1:みなみ ★:2019/11/09(土) 20:04:59.10 ID:P6bodSpt9
米高官が韓国叱責!140分間にわたり… GSOMIA破棄撤回、文政権に“最終警告” 米国防長官も訪韓へ


ドナルド・トランプ米政権が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に「猛烈な圧力」をかけている。
米国が仲介した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効期限(23日午前0時)が目前に迫っているからだ。

政府高官と米軍幹部が計140分間、韓国大統領府(青瓦台)に陣取る「赤化高官」を説得したという。

マーク・エスパー国防長官も今月中旬に訪韓し、GSOMIA維持を求める。

文政権の失政による「経済危機」も指摘されるなか、このままでは韓国のレッドチーム入りは確定的となり、自由主義陣営に戻れなくなりかねない。


米国務次官補、青瓦台国家安保室第2次長に「GSOMIA再考」圧力
中央日報(日本語版)は7日、このようなタイトルの記事を掲載した。

訪韓中のデイビッド・スティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)の6日の動きを丹念に追うことで、「トランプ政権が、どう文政権と向き合おうとしているか」を独自に読み解いた記事だ。

同紙によると、トランプ政権は、文政権によるGSOMIA破棄決定を覆すには、韓国外務省や国防省の高官ではなく、青瓦台に君臨する「文大統領の側近」を直接説得すべきと判断した。
そのターゲットが、金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長だという。

(中略)

前出のスティルウェル氏は6日午前に70分、在韓米軍のロバート・エイブラムス司令官は同日午後に70分、金氏と面会した。
米政府高官と米軍幹部が、韓国外務省や国防省幹部との面会の2倍以上の時間を取って、「GSOMIA終了の決定を再考すべきだ」「米韓同盟は東アジアの安全保障上、核心軸だ。在韓米軍の駐留経費負担などの懸案は、未来志向で解決しよう」などと説得したという。

だが、金氏は首を縦に振らなかったようだ。
そもそも、文政権は「反日・離米・従北・親中」の立場を崩さず、文氏も金氏も「北朝鮮主導の南北統一(赤化統一)」を志向している。
中国に「三不の誓い」((1)高高度ミサイル防衛網=THAAD=の追加配備はしない(2)米国のミサイル防衛=MD=体制に加わらない(3)日米韓を軍事同盟にしない)を提出して、事実上、レッドチーム入りしている。

以下ソースで


文在寅 韓国 GSOMIA 米軍 金鉉宗 レッドチーム マーク・エスパー ロバート・エイブラムス


夕刊フジ 11/9(土) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00000009-ykf-int

引用元スレタイ:【米韓】米高官が韓国叱責!140分間にわたり… GSOMIA破棄撤回、文政権に“最終警告”★2



6:名無しさん@\(^o^)/:2019/11/09(土) 20:06:11.12 ID:U5zEKunq0
構ってもらえて良かったじゃん


関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー