面白ネタを更新中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古市憲寿氏(32)、フジ『とくダネ!』にて「ぼくらコメンテーターも小倉さんに忖度して言わない事は結構ある」「だから忖度の責任を必ずしも権力者側が取らなきゃいけないのは違う」

2018.03.15

古市憲寿氏(32)、フジ『とくダネ!』にて「ぼくらコメンテーターも小倉さんに忖度して言わない事は結構ある」「だから忖度の責任を必ずしも権力者側が取らなきゃいけないのは違う」 はコメントを受け付けていません。

社会学者の古市憲寿氏(32)、フジとくダネ!にて「ぼくらコメンテーターも小倉さんに忖度して言わない事は結構ある」「だから忖度の責任を必ずしも権力者側が取らなきゃいけないのは違う」
1:金魚 ★:2018/03/15(木) 18:13:29.12 ID:CAP_USER9
古市憲寿氏、「ボクらも小倉さんに忖度して言わないことがある」…「とくダネ!」で忖度への持論語る


社会学者の古市憲寿氏(32)が15日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)に生出演し、財務省の文書改ざん問題で「忖度の責任は誰が取るのかっていうことに尽きる」と見解を示した。

その上で古市氏は「今のところ、首相が文書を改ざんを指示しろっていう情報はないわけじゃないですか。今のところ忖度の案件であって。忖度って難しい」とした上で「忖度」について「ぼくらコメンテーターだって小倉さんに忖度して言わないことって結構あるわけですよ」とコメントすると、スタジオはどよめき、小倉智昭キャスター(70)は「そうなの」と苦笑いを浮かべた。

この反応に古市氏は「いやいや別にないけど」としどろもどろになりながらも「でも、あるとした場合、こっちの責任なのか。小倉さんがえらそうにしている責任なのか。すごいグレーゾーンが多いじゃないですか」と展開し「だから、忖度の責任を必ずしも権力者側が取らなきゃいけないっていうのはちょっと違うんじゃないかなと思う」と示していた。

文書改ざん問題の特集の最後に小倉氏は「ここで司会やりながら、さっき古市君が忖度とか言いましたけど、こういう状況じゃなくて酒でも飲みながら、腹割ってしゃべったら面白いだろうなって放送したら。そういうここにずっと引っかかったものがありながら、やらざるをえないっていうのは何なんでしょうね」と苦笑いしていた。


スポーツ報知 2018年3月15日10時24分
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180315-OHT1T50092.html

引用元スレタイ:【芸能】古市憲寿「ぼくらも小倉さんに忖度して言わないことは結構ある」「忖度の責任を必ずしも権力者側が取らなきゃいけないのは違う」



14:名無しさん@恐縮です:2018/03/15(木) 18:16:06.17 ID:PZOTVGQp0
言った時の目線を調べろ


関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー