面白ネタを更新中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮から相次ぐ不審木造船の漂着、日本海で大型の「母船」の存在が確認される … ロープで木造船数隻を曳航、日本の排他的経済水域内の「大和堆」で撮影

2017.12.19

北朝鮮から相次ぐ不審木造船の漂着、日本海で大型の「母船」の存在が確認される … ロープで木造船数隻を曳航、日本の排他的経済水域内の「大和堆」で撮影 はコメントを受け付けていません。

北朝鮮 武装難民 木造船 漂着 母船 密入国 スパイ 工作員 土台人 朝鮮総連
1:名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US]:2017/12/18(月) 23:31:54.98 ID:UtbdbpqQ0
漂着相次ぐ木造漁船に「母船」の存在


朝鮮半島から来たと見られる木造船の漂着が相次ぐ中、日本海で操業する北朝鮮の漁船の中には、日本への漂着が相次いでいる小型の木造漁船のほかに、大型船の存在が確認されています。

「全国いか釣り漁業協会」が去年9月、能登半島沖の日本の排他的経済水域にある「大和堆」という漁場で撮影した画像では、白く塗装された鉄製の大型船が確認できます。

海上保安庁などによりますと、大型船はことしも大和堆の付近で複数の大型船が確認されていて、全長は30メートルから40メートルほどと木造漁船の3倍以上の大きさだということです。
大型船の側面に木造漁船が横付けされているのが確認され、当時、この海域にいた日本の漁業者は、木造漁船から大型船に何らかのものが運び込まれている様子を目撃したということです。

大型船の詳しい役割はわかっていませんが、海上保安庁関係者は、大型船が魚を集める拠点となり、木造漁船が漁を続ける態勢をとっている可能性もあるとしています。

また、ロープでつながれた複数の北朝鮮の木造漁船が大型船に引っ張られるような様子も確認されているということで、燃料を節約する目的もあると見られています。

海上保安庁関係者は、大型船が「母船」のような役割を担って複数の小型漁船とともに組織的に漁を行っているケースがあると見て、詳しく調べています。


北朝鮮 武装難民 木造船 漂着 母船 密入国 スパイ 工作員 土台人 朝鮮総連

北朝鮮 武装難民 木造船 漂着 母船 密入国 スパイ 工作員 土台人 朝鮮総連


NHK 12月18日 23時08分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171218/k10011263241000.html

引用元スレタイ:【画像あり】漂着相次ぐ北朝鮮の木造漁船 大型の「母船」の存在を確認



4:名無しさん@涙目です。(山形県) [FR]:2017/12/18(月) 23:33:20.54 ID:dGjVIFyu0
完全に工作船


関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー