面白ネタを更新中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第4次安倍内閣が発足、謙虚な姿勢で信頼回復を心掛けてゆく与党に対し、立民・希望・民進の3党が合同でモリカケ追求チームを立ち上げ、足を引っ張る構え

2017.11.01

第4次安倍内閣が発足、謙虚な姿勢で信頼回復を心掛けてゆく与党に対し、立民・希望・民進の3党が合同でモリカケ追求チームを立ち上げ、足を引っ張る構え はコメントを受け付けていません。

第4次安倍内閣 立憲民主党 民進党 希望の党 モリカケ
1:名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US]:2017/11/01(水) 21:23:54.05 ID:X2ml4XWw0
安倍政権はまず「信頼回復」 野党は森友加計で抗戦


第4次安倍内閣が発足します。憲法改正もありますが、政権運営をこれからどうやっていくんでしょうか。

 (政治部・中丸徹記者、白川昌見記者報告)
 (Q.今後の政権運営は?)

今回の選挙で与党は衆議院の3分の2を占める結果となりました。
一見、向かうところ敵なしとも見えますが、政府・与党のなかには選挙で感じた安倍1強への国民の不満、これに対する懸念の声が多くあります。
ですから当面、大きな国政選挙はないわけですが、丁寧な政権運営を心掛けて、国民の信頼を取り戻せるか。これが大きなポイントとなります。

そして、憲法改正についても、これは一番の問題は国会議員による発議ではなくて、その後に行われるであろう国民投票で有権者の過半数の支持を得られるかどうかということですので、こちらも同様に丁寧に、そしてゆっくり議論を進めて国民の理解が進むのを待つと。こういう構えですね。


 (Q.スケジュールありきではないという憲法改正については総理も発言をしているが、最近、非常に「謙虚に」という言葉が非常に目立ち、逆に気になるが、これに対して野党はどう対峙していく?)

野党としては、安倍政権にまさに国民の信頼を取り戻させないことがポイントになります。
森友学園や加計学園の問題についても選挙で勝ったからといって、決して国民が納得したわけではないと追及を続けるんです。

加計学園については、この国会の会期中に認可が下りるとみられていまして、野党側はそのタイミングで集中審議などを求めていく考えです。
そして、立憲民主党、希望の党、民進党が合同で追及チームを立ち上げるという構想も浮上しているんです。
そして、与党側が野党の質問時間の削減を検討していることについても、森友・加計疑惑隠しの一環ではないかと徹底抗戦していく構えです。


第4次安倍内閣 立憲民主党 民進党 希望の党 モリカケ


ANN 2017/11/01 17:04
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000113579.html

引用元スレタイ:民進・立憲民主・希望 合同モリカケ追及チーム爆誕へwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



13:名無しさん@涙目です。(神奈川県) [CA]:2017/11/01(水) 21:26:33.95 ID:b6MP+yXD0
ワロタ
バ力再集結



関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー