面白ネタを更新中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫を殺害した和久井絹子容疑者(53)、自首しようと3度交番や赤羽警察暑に出向く→ 警官、妄想と思い込み事実確認をせず3度追い返す→ 東京・北区の病院からの通報で事件発覚

2017.07.06

夫を殺害した和久井絹子容疑者(53)、自首しようと3度交番や赤羽警察暑に出向く→ 警官、妄想と思い込み事実確認をせず3度追い返す→ 東京・北区の病院からの通報で事件発覚 はコメントを受け付けていません。

和久井絹子 赤羽署 交番 自首
1:ばーど ★:2017/07/06(木) 16:29:32.48 ID:CAP_USER9
自首の女を3度帰す 「夫殺した」妄想と思い込み


警視庁は六日、さいたま市の五十代の女が六月に「旦那を殺した」と交番や警察署に自首してきたにもかかわらず、対応した警察官らが妄想と思い込み、事実確認をせずに帰していたと発表した。

その後、同市内のマンションで夫(70)が遺体で見つかり、埼玉県警が女を逮捕した。

死体遺棄容疑で逮捕されたのは、同市浦和区の無職、和久井絹子容疑者(53)=死体遺棄の罪で起訴。
警視庁刑事総務課によると、六月九日正午ごろ、北区の赤羽署管内の交番を訪れて自首を告げた。
しかし言動や説明に一貫性がなかったため、対応した警察官OBの交番相談員は署に行くよう伝えた。

約三十分後、同被告は署に自首してきたが、警務課などの署員は十分な事実確認をせずに帰した

同被告は十日未明にも再び同じ交番を訪問。この際も対応した交番勤務の警察官は妄想と思い込み、帰したという。

同被告は十一日に、北区の病院で「主人が自宅で亡くなった」と話した。
病院からの一一〇番を警視庁が埼玉県警に転送し、県警がさいたま市内の自宅マンションを調べたところ、夫の遺体が見つかり、事件が発覚した。

警視庁の上原智明・刑事総務課長は六日、「指導を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。


東京新聞 2017年7月6日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201707/CK2017070602000262.html


他ソース
「夫殺した」女の申告確認せず 警視庁が死体遺棄事件見逃しか 妄想と判断、埼玉県警が逮捕
http://www.sankei.com/affairs/news/170706/afr1707060026-n1.html


関連
【職務怠慢】「夫殺した」申告の女帰す 遺棄容疑で後日逮捕 警視庁
http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499311026/

引用元スレタイ:【警視庁】「夫を殺した」3度出頭・自首、「妄想」と3度追い返す 死体遺棄事件見逃しか、後日逮捕



3:名無しさん@\(^o^)/:2017/07/06(木) 16:30:51.92 ID:OR/NeCP/0
神奈川県警「自殺」


関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー