面白ネタを更新中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月2日投開票の東京都議選、選挙戦終盤にきて自滅モードの自民党、「このままだと過去最低の38議席を割り込むのではないか」

2017.06.30

7月2日投開票の東京都議選、選挙戦終盤にきて自滅モードの自民党、「このままだと過去最低の38議席を割り込むのではないか」 はコメントを受け付けていません。

東京都議選 自民党 都民ファースト
1: [Φ|(|´|Д|`|)|] BBxed!!名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [US]:2017/06/30(金) 14:48:21.89 ID:AhUyaTGQ0
自民過去最低も 都議選の戦犯は安倍首相と「加計3悪人」


このままだと過去最低の38議席を割り込むのではないか――。
7月2日投開票の都議選。逆風の自民党にさらなる不穏な空気が漂ってきた。

選挙戦は終盤になって稲田防衛相の大失言もあり完全に“自滅”モードだが、やはり逆風の元凶は加計問題。
当落線上で苦しむ候補者たちにとって、下村元文科相、菅官房長官、萩生田官房副長官の「加計3悪人」と安倍首相はまさに疫病神だ。


応援選挙区はどこも当落線上

28日から自民党の応援に小泉進次郎衆院議員が加わった。
銀座の街頭演説で、「逆風の種は自民党が自らまいたもの」と謙虚な姿勢を見せていたが、今の自民党は“客寄せパンダ”で劣勢を挽回できる状況には程遠い。

一番の暴風雨にさらされているのは板橋区の候補者だ。
27日に稲田防衛相が「防衛省・自衛隊としてもお願い」という“違法発言”をしたのが板橋での演説会。さらにきのうは、よりによって「加計3悪人」の2人が揃って、板橋の演説会に登壇した。
怪文書発言など“悪相”が世論の反感を買っている菅官房長官と地元選出の下村元文科相。下村は、きょう発売の週刊文春で「加計マネー疑惑」が報じられた。

「菅さんも下村さんも、稲田発言にも加計問題にも一切触れなかった。待機児童など当たり障りのない話を、短く数分話しただけで終わり。すぐに次の会場へ行ってしまった。
その後、演説した下村さんの元秘書の候補者は、『定数5人ですから6番目ではダメなんです』と悲愴感いっぱいでした」(地元関係者)

逆風を受け自民は1人区が全滅危機だが、板橋のように公認候補を2人擁立している複数区でも2人目が当落線上。
都民ファーストの会と最終議席を争っている。

(>2につづく)


東京都議選 自民党 都民ファースト


日刊ゲンダイ 2017年6月30日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208403

引用元スレタイ:【悲報感いっぱい】自民党、過去最低議席すら届かない可能性も出てきて悲壮感いっぱい



10:名無しさん@涙目です。(京都府)@\(^o^)/ [CZ]:2017/06/30(金) 14:52:52.30 ID:pz5OAi+l0
ゲンダイか
これは間違いなく…


関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー