面白ネタを更新中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

菅官房長官「国連特別報告者とは、国連の立場を反映するものではない」→ 民進党、公式HPにケナタッチ氏の反論を掲載→ 国連事務総長「特別報告者とは、国連の立場を反映するものではない」

2017.05.28

菅官房長官「国連特別報告者とは、国連の立場を反映するものではない」→ 民進党、公式HPにケナタッチ氏の反論を掲載→ 国連事務総長「特別報告者とは、国連の立場を反映するものではない」 はコメントを受け付けていません。

民進党 ジョセフ・ケナタッチ 国連特別報告者 国連 グテーレス事務総長 テロ等準備罪 ブーメラン マッチポンプ
1:名無しさん@涙目です。(岐阜県)@\(^o^)/[US]:2017/05/28(日) 01:10:12.41 ID:a3YzYak90
国連特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏の書簡と菅官房長官への反論(日本語訳)


国連プライバシー権に関する特別報告者であるジョセフ・ケナタッチ氏が、18日、日本の共謀罪法案について「法律の広範な適用範囲によって、プライバシーに関する権利と表現の自由への過度の制限につながる可能性がある」と懸念を表明する書簡を安倍総理宛てに送付し、国連のウェブページで公表した(画像は国連プライバシー権に関する特別報告者であるジョセフ・ケナタッチ氏の紹介ページより)。

この書簡に対して菅官房長官は22日の記者会見で、「この特別報告者というのは独立した個人の資格で人権状況の調査、報告を行う立場であって、国連の立場を反映するものではない」「書簡の内容は明らかに不適切なものでありますので、強く抗議を行っている」「プライバシーの権利や表現の自由を不当に制約する、恣意的運用がなされるということは全く当たらない」などと強く反発して見せたが、ケナタッチ氏はこれに対して「私が日本政府から受け取った『強い抗議』は、ただ怒りの言葉が並べられているだけで、全く中身のあるものではなかった」「唯一つの望みは、日本政府が私の書簡で触れたプライバシーの権利に着目した保護と救済の制度に注意を払い、法案の中に導入することだ」などと反論している。

民進党「次の内閣」ネクスト法務大臣の有田芳生参院議員は、このケナタッチ氏の書簡や反論について、「官房長官がいう『個人の資格』で出されたものではなく、国連人権理事会から任命され、集団的に検討された公開書簡」「政府は国際人兼問題の専門家であるジョセフ・カナタチ特別報告者の質問状に答える義務がある。それなくして共謀罪の強行は無効だ」とコメントしている。

以下、ケナタッチ氏の書簡、反論の日本語訳を、翻訳に当たった海渡雄一弁護士らの承諾を得て資料として掲載する。

(以下略)


ジョセフ・ケナタッチ国連特別報告者
民進党 ジョセフ・ケナタッチ 国連特別報告者 国連 グテーレス事務総長 テロ等準備罪 ブーメラン マッチポンプ


民進党 2017年05月25日
https://www.minshin.or.jp/article/111839/

引用元スレタイ:民進党、公式HPに国連事務総長から「国連とは別の個人資格で活動」と詰められたケナタッチ氏の反論を掲載



110:名無しさん@涙目です。(福岡県)@\(^o^)/ [EU]:2017/05/28(日) 02:35:45.09 ID:1VQTFOrQ0
G7でも国連からも支持された最悪のタイミングに持ってくるあたり
さすが民進だと思ったわアホしかいない



関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー