面白ネタを更新中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「神社に不発弾みたいなモノがある」との通報、全長45cm・直径15cmの砲弾が見つかる(画像)→ 住民「知ってた」「30年前からある。今さら動く必要はない」と避難せず – 大分・杵築

2017.05.25

「神社に不発弾みたいなモノがある」との通報、全長45cm・直径15cmの砲弾が見つかる(画像)→ 住民「知ってた」「30年前からある。今さら動く必要はない」と避難せず – 大分・杵築 はコメントを受け付けていません。

八旗八幡神社 大分 不発弾 十五糎榴弾
1:のっぺらー ★:2017/05/25(木) 10:15:28.48 ID:CAP_USER9
不発弾? 神社で発見も住民「知ってた」 30年超放置か


24日午後0時45分ごろ、大分県杵築市山香町野原の八旗八幡神社の敷地内で、不発弾のような物が見つかったと陸上自衛隊別府駐屯地から通報を受けた杵築日出署が確認した。
ただ、近隣住民は存在を以前から知っており、30年以上放置されていたとみられる。

同署によると、不発弾のような物は全長約45センチ、直径約15センチの先のとがった円筒状の砲弾。自衛隊が不発弾かどうかなどの確認をしている。
神社を含めた直径70メートルの立ち入りを禁止している。

市によると、住民の話では、不発弾様のものは約30年前、みこしを保存していた倉庫の改修のため、倉庫の中身を全て外に出した際に倉庫の中から見つかった。しかし、その後も外に置いたまま手を付けずに放置していたという。
今月22日になり、住民男性が「元々あるものだが、危ないものではないのか」と市に相談し発覚した。

立ち入り禁止区域付近には3世帯8人が住んでいるが、「今さら動く必要はない」と避難していないという。


写真:大分県杵築市の八幡神社で見つかった不発弾のような物
八旗八幡神社 大分 不発弾 十五糎榴弾


以下ソース:毎日新聞 2017年5月25日 09時44分
http://mainichi.jp/articles/20170525/k00/00e/040/231000c

引用元スレタイ:【大分】不発弾? 神社で発見も住民「知ってた」 30年超放置か 杵築市



261:名無しさん@\(^o^)/:2017/05/25(木) 12:44:23.88 ID:ZU6+0D8J0
あからさまに砲弾やんけw


関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー