面白ネタを更新中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセルとブレーキの踏み間違い事故に効果アリ? AT車の場合、踏み間違う事は無いと言われる「左ブレーキ」が普及しない理由とは

2017.05.09

アクセルとブレーキの踏み間違い事故に効果アリ? AT車の場合、踏み間違う事は無いと言われる「左ブレーキ」が普及しない理由とは はコメントを受け付けていません。

自動車 アクセル ブレーキ 踏み間違い AT MT
1:イセモル ★:2017/05/09(火) 11:06:59.21 ID:CAP_USER9
アクセルと踏み間違えない「左ブレーキ」が、普及しない理由


高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違えて、事故を引き起こすケースが相次いでいる。
30年ほど前から「AT車の場合、左ブレーキにすれば踏み間違うことはない」といった議論が出ているが、なぜ普及しないのか。

*****

「左足ブレーキ」が歴史の闇に葬り去られる

国会で「踏み間違い対策」が論じられてから22年が経った2015年6月10日、内閣委員会で維新の党の河野正美衆議院議員が、高齢者によるブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故が多発していることを受けて、政府の取り組みを質問したところ、鈴木基久警察庁交通局長(当時)は「車両側の対策を講じることが有効」だとして以下のように述べている。

『具体的には、最先端の技術を駆使いたしまして事故を未然に防止する技術、これを、先ほど先生がおっしゃられたとおり、予防安全技術と申します。その開発普及を進めてまいりたいと思っております』

そんな決意表明の通り、今年2月28日には安全機能を備えたクルマを「安全運転サポート車」と呼び、普及を目指していくという計画を政府が発表した。
素晴らしいことじゃないかと思うかもしれないが、「安全対策」という錦の御旗の下で、この制度を骨までしゃぶろうという人たちの思惑が透けて見える。

『メーカーと連携して各地で試乗会を開いたり、販売店での掲示を認めて売りやすくしたりする。愛称やロゴマークも近く公募。国交省の担当者は「エコカーのように定着させたい」と話す。経済対策として打ち出した「エコカー減税」の再現を期待する声もある。
自民党の茂木敏光政調会長は27日の講演で「次の時代はセーフティカー減税」と話した。安全性能の基準に応じて一定額を減税する制度が念頭にあるという』(朝日新聞 2017年3月1日)

この調子なら、「独立行政法人安全運転サポート車普及ホニャララ協会」なんて天下り団体がつくられる日も近い。

筆者は普段、右足でブレーキを踏んでいるし、「左足ブレーキ」がすべての人ができる運転技術だと思わない
ただ、30年以上も継続している「踏み間違い事故」というものが、駆動方法がまったく異なる2つのクルマに同じ運転スタイルを強いたがためのシステムエラーだという指摘には一定の説得力を感じている。

このような根本的な議論をせずに、国が旗振り役となって新しい技術を搭載したクルマの普及を進める。
政官民的にはメリットだらけの話なのでしょうがないとも思うだが、これが果たして本当にユーザーメリットになっているのか、という疑問はある。

いずれにせよ、「安全運転サポート車」という国策が打ち出された今、「左足ブレーキ」が歴史の闇に葬り去られるのは間違いない。

一部抜粋です。全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)


自動車 アクセル ブレーキ 踏み間違い AT MT


ITmediaビジネス 2017年05月09日 08時17分
http://www.itmedia.co.jp/business/spv/1705/09/news042.html

引用元スレタイ:【運転】アクセルと踏み間違えない「左ブレーキ」が、普及しない理由 ★2



7:名無しさん@\(^o^)/:2017/05/09(火) 11:10:05.27 ID:xwubpQM80
左足ブレーキは慣れないと急ブレーキになる
右足ブレーキみたいな微妙な加減が出来ないのが



関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー