面白ネタを更新中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女優でタレントの奥山佳恵(43)「健常者と知的障害者、なぜ分けるんだろう。『まぜこぜの社会』を目指すのになぜ初めからまぜこぜじゃないんだろう。すごく不思議」

2017.04.30

女優でタレントの奥山佳恵(43)「健常者と知的障害者、なぜ分けるんだろう。『まぜこぜの社会』を目指すのになぜ初めからまぜこぜじゃないんだろう。すごく不思議」 はコメントを受け付けていません。

奥山佳恵 障害者 健常者 ダウン症
1: :2017/04/30(日) 10:48:31.75 ID:bWK/dc2x0
ダウン症の息子、進路どうすれば 奥山佳恵さん悩む選択


女優でタレントの奥山佳恵さんは、ダウン症の次男美良生(みらい)君(5)の入学を来春に控える。
目下の悩みはやはり、どの進路を選ぶかだ。奥山さんに話を聞いた。

 ◇

美良生(みらい)を育てながら、理想と現実を感じています。
「障害者と健常者、共に生きていこう」「だれもが過ごしやすい世の中に」と語られる一方、現実は6歳で分けられる
小学校の通常の学級、特別支援学級、特別支援学校のどれかに選別されるところから教育って始まる。「まぜこぜ」の社会をめざすのに、なぜ初めからまぜこぜじゃないんだろう。すごく不思議です。

みんな得意、不得意があって凸凹なのが社会でしょう。
じっとしていられない子、勉強ができる子、いろいろいて、支援が必要な子の数だけ先生が増える。
子どもも、それぞれが自分にできることを考え、フォローするところはフォローしてクラスができあがっていく。それが私の理想です。

(※以下ソース先にて)

画像 奥山佳恵さんと次男の美良生君
奥山佳恵 障害者 健常者 ダウン症


朝日新聞 2017年4月29日19時15分
http://www.asahi.com/articles/ASK4Q74K1K4QUTIL01X.html

引用元スレタイ:ダウン症児の母「健常者と知的障害者で勉強テストする学校を分ける意味がわからない。皆同じ人間」



62: :2017/04/30(日) 11:06:02.81 ID:Yz4VD55Y0
真の平等がどれだけ残酷か分かってんのかよ
保護であり優遇だろ



関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー