面白ネタを更新中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山大学などの研究グループ、犬のあごの骨から歯の元になる細胞の塊を取り出し、天然の歯を再生させることに成功 … 人の歯への応用の可能性も

2017.04.13

岡山大学などの研究グループ、犬のあごの骨から歯の元になる細胞の塊を取り出し、天然の歯を再生させることに成功 … 人の歯への応用の可能性も はコメントを受け付けていません。

歯 再生 岡山大学 再生医療 iPS
1:水星虫 ★:2017/04/13(木) 16:25:08.10 ID:CAP_USER9
岡大が犬の歯の再生に成功


岡山大学などの研究グループが、犬のあごの骨から歯の元になる細胞の塊を取り出し天然の歯とほぼ同じ構造を持つ歯を再生させることに成功したと発表しました。
人の歯の再生につながる研究だとしています。

岡山大学の窪木拓男教授や大島正充助教らの研究グループは、犬のあごの骨の中から歯胚と呼ばれる歯の元になる細胞の集合体を取り出して分解したあと、上皮細胞と間葉細胞という2つに分けて特殊な技術を使って元の歯胚の形に再生しました。

研究グループがこの再生させた歯胚を同じ犬のあごの骨に戻したところ、およそ半年後に歯が生えてきたことを確認したということです。

生えてきた歯は構造が天然の歯とほぼ同じで、内部には神経も作られているとみられるということです。

研究グループでは、ひとつの歯胚から複数の歯胚を作ったりiPS細胞から歯胚を作り出したりできるようになれば人の歯の再生につながるとしています。
研究グループの大島正充助教は、「歯の再生が成功したことで人への応用の可能性も高まった。大人の歯の再生ができるようにしていきたい」と話しています。

*ソース元にニュース画像あり*


NHK岡山 04/13 12:26
http://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4025513541.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

引用元スレタイ:岡大が犬の歯の再生に成功 再生させた歯胚を同じ犬のあごの骨に戻したところ、およそ半年後に歯が生えてきました 人への応用の可能性も



32:名無しさん@\(^o^)/:2017/04/13(木) 16:34:53.39 ID:RG3L6zSUO
インプラントしてもうたやないか


関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー