面白ネタを更新中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元朝日新聞記者・植村隆(58)「慰安婦像は韓国でも誰も関心なかった慰安婦運動が定着した傍証だ。問題は日本だ。日本人の胸中に慰安婦像を建設しなければいけない」

2017.01.18

元朝日新聞記者・植村隆(58)「慰安婦像は韓国でも誰も関心なかった慰安婦運動が定着した傍証だ。問題は日本だ。日本人の胸中に慰安婦像を建設しなければいけない」 はコメントを受け付けていません。

植村隆 朝日新聞 慰安婦捏造報道 慰安婦像
3: ショルダーアームブリーカー(SB-iPhone)@\(^o^)/ [CA]:2017/01/18(水) 06:49:27.80 ID:4b2b5JCp0
「韓日国民の不信感解消がカギ、日本政府は韓国市民団体と対話を」(1)


「思い出すと今も涙」。1991年8月11日付朝日新聞の社会面の記事の見出しだ。日本社会に韓国慰安婦の実態を知らせた最初の報道だった。

慰安婦被害者の故金学順(キム・ハクスン)さんの証言が入ったこの記事を書いた植村隆元朝日新聞記者(58)は殺人予告を含む脅迫の手紙を数回受け、さらに娘までが「どこにいようと必ず探し出して殺す」という脅迫の手紙を受けた。
「捏造記者」という声も聞いた。

植村氏は昨年、『私は捏造記者ではない』と題した手記を出し、法廷闘争をしている。

2014年に新聞社を早期退職した植村氏は昨年3月から韓国カトリック大で招聘教授として講義している。「東アジアの平和と文化」が植村氏が担当している講義のテーマだ。

1982年に朝日新聞に入社し、大阪本社社会部を経てソウル特派員などを務めた。外報部次長、中国総局だった植村氏は東アジア地域の専門家だ。

冬休みを迎えて札幌の自宅にいる植村氏は「日本と韓国の政府が合意の前にまず慰安婦被害者の意見から聞かなかったのが問題の発端」と評価した。


-ソウルに続いて釜山少女像が韓日関係の大きな問題になっている。

私が慰安婦問題を初めて取材した27年前には韓国も慰安婦問題に関心を見せていなかった。
少女像は記憶を継承しようとする運動が韓国内に定着した傍証だと考える


問題は日本だ。私は日本人の胸中に少女像を作らなければいけないと考える」(※抜粋)


中央日報日本語版 2017年01月16日11時21分
http://japanese.joins.com/article/722/224722.html
引用元スレタイ:「日本人の胸中に慰安婦像を建設しなければいけない」 元朝日の植村隆氏



156: 毒霧(庭)@\(^o^)/ [US]:2017/01/18(水) 10:10:37.33 ID:XCHBKtcA0
>>3
こいつホンモノのクズだな
いつも自分は批判する側かよ




関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー