面白ネタを更新中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おでんつんつん男、コンビニのおでんを指で突く動画投稿→ ネット上で批判されるが「もっと書け」と煽る→ ワイドショーで全国デビュー→ コンビニ運営会社、刑事処分を求め警察に相談中

2016.12.14

おでんつんつん男、コンビニのおでんを指で突く動画投稿→ ネット上で批判されるが「もっと書け」と煽る→ ワイドショーで全国デビュー→ コンビニ運営会社、刑事処分を求め警察に相談中 はコメントを受け付けていません。

コンビニのおでん「指でツンツン」 おでんつんつん男の「罪」 コンビニ側「刑事的な処分求め相談」
1:ミントソーダ ★:2016/12/14(水) 08:42:18.67 ID:CAP_USER9
店のおでん「指でツンツン」男の「罪」 コンビニ側「刑事的な処分求め相談」


コンビニ店員の目の前で、ケースに入ったおでんを「ツンツン」と言って指でつつき...。名古屋市内でスポーツ専門店を経営する20代の男性が、インスタグラムにこんな動画を投稿し、テレビも取り上げる騒ぎになっている。

この男性は動画に自ら登場し、ニュースの時間だとして、コンビニのレジ付近を手で指し示す。「店員さんも元気そうで」と言うと、制服姿の女性店員が顔まで映し出された。


店員の目の前で、男性がおでんをつつく

制服の右胸部分には、具体的なコンビニ名表記が見える。

そして、「最近では、おでんがはやりですね。それも触っちゃう!」と叫ぶやいなや、男性は、ケースの中のおでんをいきなり右手の人差し指でつつき出した。
「ツンツン、ツーンツン、ツンツンツン...」。こんな奇声を上げて、「あっついわ!」とつぶやいた後、経営するスポーツ専門店が改装中だとPRして右手でガッツポーズを作った。

この動画は30秒ほどの短いもので、撮影者は別にいるらしい。
販売中のおでんを指で触る不衛生行為に見えることから、情報サイトが2016年12月7日に批判的なニュースを流した。その後、2ちゃんねるでもスレッドが立ち、ユーチューブにも動画が掲載されるまでになった。

男性がインスタグラムなどに投稿した動画や画像では、ほかにも問題が指摘されている。

9月8日の動画では、海辺で拾ったというカギを警察などに届けずに、堤防の上から海に投げ入れて大笑いしていた。
また、2月ごろには、骨を折って病院のベッドで休んでいる友人にパック入りの生卵を投げたり、マヨネーズをかけたりする動画もアップしていた。その結果、ベッドが汚れており、友人が看護師から問い詰められたことも自慢げに明かしていた。


「刑事的な処分を求め、所轄の警察に相談」

このほかの動画や画像では、コンビニ店内や路上で短パンを下げてお尻を丸出しにしたり、スーパーで購入前とみられる惣菜を仲間と投げ合ったりするものなどもある。

男性は、ネット上で批判された後も、2ちゃんねるに書かれたと喜び、「何とも思ってない」「もっと書け」とあおる動画を投稿した。かつて話題になったスポーツ選手のマネをして、鼻をほじりながら「反省してま~す」と言うものまであった。

男性については、12月13日になって、TBS系ワイドショー「白熱ライブ ビビット」も、コンビニ名は伏せて「おでんツンツン男」としてニュースで取り上げた。
男性は、番組の取材に対し、「軽はずみなことで、すみません」と謝罪し、指でつついたおでんについては、店員から廃棄処分されるものだと聞いたと説明した。インスタグラムのアカウントは削除されており、男性は12日にそうしたことも明かした。

このコンビニを運営するグループ会社の広報担当者は13日、J-CASTニュースの取材に対し、「弊社としては現在、行為をした人に対して刑事的な処分を求め、所轄の警察に相談しています」とコメントした。
女性店員がその場にいて行為を止めなかったことについては、ヒアリングをしたところ、「怖くて止めることができなかった」と話しているという。


コンビニのおでん「指でツンツン」 おでんつんつん男の「罪」 コンビニ側「刑事的な処分求め相談」


J-CASTニュース 2016/12/13 21:30
http://www.j-cast.com/2016/12/13286039.html?p=all

引用元スレタイ:【社会】店のおでん「指でツンツン」男の「罪」 コンビニ側「刑事的な処分求め相談」★3



3:名無しさん@\(^o^)/:2016/12/14(水) 08:44:43.32 ID:yUZ4H40i0
全国のチェーン店の売上げ下がったって下がった分計算して民事すればいんじゃない。
1/10でもとれれば。


関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー