面白ネタを更新中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武田鉄矢(67)、蓮舫氏について「この方を見ていると主役がとれない残念な女優さんを思う。表情が全部セリフになっている」「明るい未来を呼びかけながら、暗い表情しかできてない」

2016.09.19

武田鉄矢(67)、蓮舫氏について「この方を見ていると主役がとれない残念な女優さんを思う。表情が全部セリフになっている」「明るい未来を呼びかけながら、暗い表情しかできてない」 はコメントを受け付けていません。

武田鉄矢、蓮舫氏を批判「主役になれない女優の典型」- 出演者から納得の声
1:★@\(^o^)/:2016/09/18(日) 22:58:33.76 ID:CAP_USER9.net
武田鉄矢、蓮舫氏を批判「主役になれない女優の典型」- 出演者から納得の声


俳優・武田鉄矢(67)が、18日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~10:55)で、「二重国籍」問題で世間を騒がせた民進党代表・蓮舫氏(48)を批判した。

日本と台湾の二重国籍について、発言が二転三転しながら最終的には謝罪した蓮舫氏。武田は「この方を見ていると、残念な女優さんを思う。主役とれない人。ドラマで主役をとれない女優さんの典型」と切り出し、「出てきただけで表情が全部セリフになっている」と付け加えた。

さらに、「出てきただけで何を報告するかが分かる。表情でセリフが読める人は主役になれない」と補足しながら、石原慎太郎元都知事が多くの人に支持されていた理由を「かっこいいから」と説明。
「(石原元都知事が)何の根拠もなしに、何の自信もなしに、何の計画もなしに『大丈夫!』と言うと、みんな『大丈夫かな』と思う」と世間の受けとめ方を分析した。

つまり、武田が伝えたいのは「『明るい未来を目指そう』と人に呼びかける時に、明るい表情で語れる人がトップをとる」という政治家としての資質。蓮舫氏を「明るい未来を人々に呼びかけておいて、暗い表情しかできない人」とし、「自分の潔癖を訴える時も、表情が暗い」「本当に残念」と鋭く批判した。

ウソでもいいから明るい顔で明るい未来を語れる人のみが政治を動かせる」という武田の持論に、同じくゲストの石原良純(54)は「面白い」と感心し、「本当に政治家は明るく未来を語らなければいけない」と同意。
父・慎太郎氏について、「うちの親父は自分が楽しいことを考える」と語り、「蓮舫さんに欠けているのは、夢を与える部分」と結論付けた。

わざとらしく切迫した表情を作り、「大変です! 島田課長が殺されました!」と"主役になれない女優"を演じてみせ、スタジオの笑いを誘った武田。
司会の東野幸治(49)「鉄矢さんの話すごい」、ダウンタウン・松本人志(53)「なるほど」と、出演者をうならせていた。


武田鉄矢、蓮舫氏を批判「主役になれない女優の典型」- 出演者から納得の声


マイナビニュース 2016年09月18日 13時50分
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12158-20160918028/

引用元スレタイ:【芸能】武田鉄矢、蓮舫氏を批判「主役になれない女優の典型」- 出演者から納得の声★2



237:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/09/19(月) 00:07:46.54 ID:PW0zZuBK0
蓮舫を見て思う違和感はそういうことだな
薄っぺらいんだよ、なにもかも

確かにあの作られた表情が象徴してるね



関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー